Glass Buildings

​弁護士費用

​弁護士費用について

​法律相談料

​ 弁護士に依頼する前に法律相談をしたことに対する料金です。

​2

​着手金

 弁護士に依頼する際にご負担いただく料金です。

​3

​報酬金

​ 事件が終了した際に,結果に応じてご負担いただく料金です。

​刑事事件の費用

​法律相談料

初回相談無料(ご本人様が相談者のケースは,警察から取り調べを受けた方,家宅捜索を受けた方に限ります。ご家族様が相談者のケースは,ご本人様が逮捕された場合に限ります。)
・上記以外のケースは,30分につき5,500円(税込)

*ご依頼いただいた場合には,法律相談料を着手金に充当させていただきます(ご依頼の場合は,実質法律相談料がかかりません。)。

​2

事案簡明な在宅事件

着手金:11万円(税込)
報酬金:22万円(税込)~
合計33万円(税込)~

*事件内容により,異なる場合がございます。お客様の経済的ご状況によって、分割払い等もご相談可能です。

​3

その他,罪を認めている場合の在宅事件

着手金:22万円(税込)
報酬金:22万円(税込)~
​合計44万円(税込)~

*事件内容により,異なる場合がございます。お客様の経済的ご状況によって、分割払い等もご相談可能です。

​4

自首同行

自首同行:22万円(税込)
→自首同行後の弁護活動については,上記の弁護士費用を追加でいただきます。お客様の経済的ご状況によって、分割払い等もご相談可能です。

​5

身柄事件

●身柄事件

起訴前

着手金:33万円(税込)

報酬金:33万円(税込)(不起訴の結果を実現した場合)

    22万円(税込)(略式請求の結果,その他釈放の結果を実現した場合)

起訴後

着手金:22万円(税込)(起訴後からの依頼の場合は33万円(税込))

報酬金:33万円(税込)(罰金刑,執行猶予付き判決の場合)

    22万円(税込)(検察官の求刑を下回る判決の場合)

    22万円(税込)(判決日より前に釈放された場合(保釈など))

​初回接見費用:33000円(税込)で承っております。

否認事件の場合,裁判員裁判対象事件の場合は,​別途見積。お客様の経済的ご状況によって、分割払い等もご相談可能です。